更新履歴
可愛い女性

ヤーズとは、「超低用量ピル」と呼ばれている避妊薬です。
普通のピルに比べて、配合されている卵胞ホルモンであるエストロゲンの量をぐっと減らしたもので、使用にあたってさまざまなリスクの軽減が期待されています。
低用量ピルよりも、さらに配合されている成分が少なく、安全性がより高まった薬だと言うことができます。
さらに、含まれている黄体ホルモンの種類も、普通のピルとは違い、「ドロスピレノン 」という種類となっています。
これは、従来までの黄体ホルモンに比べ、もともと人間の体内に備わっているホルモンと似ているために、副作用が出にくいのです。

低用量ピルであるヤーズの大きな特徴として、より多くの人が使えるという点が挙げられます。
普通のピルだと、副作用で吐き気やだるさなどが出てしまって飲めない、という人も、ヤーズなら飲むことが出来るという可能性があるのです。
さらに、ニキビの発生を抑えたり、治療する効果もあるので、ニキビが気になっている人は改善の効果が期待できます。

ヤーズを使用することによる一番大きいメリットとしては、「PMS」と呼ばれている、月経前症候群の症状を改善するという点が挙げられます。
肉体的な症状だけではなく、精神的も症状を和らげてくれるため、月経前症候群の症状が顕著に出てしまう、というような人は、ヤーズを服用することによって症状が緩和されるのです。

もちろん個人差はありますが、低用量ピルが体に合わなかった、という人は、この超低用量ピルであるヤーズを使用してみると、副作用が出ずに症状が改善されることがあります。
海外では、多くの女性から、ピルの中でも高い人気を得ているヤーズ。
これは、今後日本でも広まっていくことでしょう。

低用量ピルヤーズの使用における注意事項

ヤーズとは、黄体ホルモン様成分としてドロスピレノンという成分を使用した第4世代の超低用量ピルです。
卵胞の発育と排卵を抑制する作用により、月経困難症の治療薬として使用される医薬品です。

ヤーズは、第1世代から第3世代の低用量ピルで起こっていた副作用が少ない一方で、注意して使用しないと重篤な副作用が起こる可能性もあります。
最も重篤な副作用に血管内に血栓が形成されてしまい、血流が閉塞する血栓症という症状があり、最悪の場合は死に至ることもあります。

ピルはその性質上、血液が固まりやすいという特徴がありますが、血栓症が起こる確率は非常に低く、誰にでも起こるという訳ではありません。
しかし、国内では死亡例も出ているため、喫煙の習慣がある人、静脈血栓症や肺塞栓症、心筋梗塞、脳梗塞などの病気にかかったことがある、あるいはかかっている、家族にこれらの既往歴がある方、35歳以上で一日15本以上喫煙する習慣のある人、妊娠中あるいは出産後6週間以内の方、ひどい偏頭痛の方などは副作用の危険性を高めると報告されています。

下肢の痛みやむくみ、突然の息切れ、胸痛、激しい頭痛、急性視力障害などの症状が出た時にはすぐに服用を中止し、すぐに医師の診察を受けてください。
血栓症は、服用開始から3ヵ月以内に起こりやすい傾向があるため、3か月間は注意して服用する必要があります。

他にも起こる副作用として、頭痛や吐き気、不正子宮出血、性器出血、月経痛、下腹部痛などが報告されているため、このような症状が起こった場合は、担当の医師または薬剤師に相談してください。
下肢の痛みやむくみ、息切れ、胸や頭の痛みなどが出た場合は服用をやめ、すぐに医師の診療を受けてください。

ヤーズを長期間服用する場合、6ヶ月ごとに血圧測定や臨床検査、乳房や腹部の検査などを、1年に1回は子宮頸部の細胞診断を受けてください。

月経期間短縮による体への影響

最近は低用量ピルを服用する女性が増えてきました。
しかし、安全性が高いものと評価されている欧米に比べ、日本ではまだまだピルに関する誤ったイメージが浸透しています。
自然な排卵を薬の力で抑制するのに、本当に体に影響はないのだろうかと疑問に思う人が多いという現状があります。

また、乳がんのリスクが増加するなどのマイナス要素ばかり目立ってしまっているのもその一因でしょう。
ピルにはデメリットよりもメリットの方が多いです。
まずは避妊効果が、ゴムを使用した避妊率よりも高いという点です。
女性主導で避妊ができるのも大きなメリットです。生理痛の軽減も期待できます。
毎月生理痛がひどかった女性が、服用をはじめて最初の生理ではまったく腹痛がなくなっていたということも多いです。

生理の前に起こる頭痛や体のだるさ、ニキビなどの諸症状の軽減にも効果があります。
生理の出血量が減り、期間も短くなるので月経量が多い人にもおすすめです。
月経期間が短縮されることによって体に影響はないのかと思う人がいるかもしれませんが、そもそもピルを服用している間は排卵がない状態です。

体は妊娠状態になっているので問題はありません。
排卵を抑制することにより卵巣が休んでいる状態なので、いざ妊娠したいと思ってピルの服用を中止した際に元気の良い卵子が出てくるので妊娠しやすいというデータもあります。
ピルにはヤーズというものをはじめとして数種類あります。
ヤーズは服用初期に吐き気、胸の張りなどの副作用が出ることがありますが、継続して服用していれば1カ月以内に消えますのであまり心配せずに服用して大丈夫です。
あまりにも副作用がひどい時は服用を中止し、ヤーズ以外の種類に変更してもらうと良いでしょう。

サイト内検索
最近の投稿
アーカイブ