アイピルの避妊効果の臨床データ

アイピル(I-Pill)は緊急避妊薬としてフランスで開発され、日本ではある製薬株式会社より発売されています。
アイピル(I-Pill)は緊急避妊薬であり、卵子の排出、受精卵の着床を阻止してくれるという臨床データの元に開発された薬です。

有効成分レボノルゲストレルは、受精と着床を抑制する効果があります。
アイピル(I-Pill)と低用量ピルとの違いは、アイピルが性行の後に飲んで避妊する薬であるのに対し、低用量ピルは毎日決められた用量の薬を飲んで妊娠を防ぐ薬です。
緊急避妊薬であるアイピル(I-Pill)は、妊娠を望まないのに妊娠してしまう可能性がある時に使われます。
避妊具を使わずに膣内で射精してしまったり、避妊具が破れてしまった場合に使用します。

そして、アイピルの効果効能が期待できるのは性交後72時間以内と言われています。
アイピルを服用したからといって確実に妊娠が防げるという保証はありません。

アイピル(I-Pill)は、各種臨床データや臨床試験を行った結果、レボノルゲストレルは主として排卵抑制作用により避妊効果を示すことが示唆されました。
また、その他に受精阻害作用及び受精卵着床阻害作用も関与する可能性が考えられ、進化した避妊薬として使用者も増加している信頼度が高い薬です。