アフターピルには2種類ある

コンドームなどの避妊具を使用しないでセックスをしてしまった場合や、コンドームがセックスの最中に破れてしまった場合、膣外射精をしたとしても避妊具を使用しないで膣内に挿入をした場合など、望まない妊娠をする可能性がある場合には、セックスのあとに避妊をする方法としてアフターピルを服用するという方法があります。

アフターピルには大きくわけて2種類あります。

プラノバールとノルレボで、これらには飲み方の違いがあります。
アフターピルは産婦人科などの病院で処方をしてもらうことができます。

アフターピルは基本的には、セックスをしてから72時間以内に服用することが大切であるために、72時間以内でなければ処方をされない場合もあります。
セックスをしてから時間が早ければ早いほど、アフターピルの作用の効果が高いとされています。
処方をしてもらいたい場合には、あらかじめ病院に電話で問い合わせをするとよいでしょう。

プラノバールは、飲み方としては、セックスをしてから72時間以内に2錠服用をします。
そして、12時間経過してから、さらに2錠服用します。
つまり、合計で4錠を服用することになります。

ノルレボに比べると、費用が安いというメリットがありますが、12時間後に服用をしなければならないので忘れやすいというデメリットがあります。
また、吐き気があるなどの副作用も出やすいです。
いっぽうでノルレボの飲み方は、セックスをしてから72時間以内に2錠を服用します。
最大で120時間以内に服用をします。

プラノバールとは違い、1回の服用でよいというメリットがあります。
また、吐き気などの副作用がでにくいというメリットがあります。
アフターピルを服用して数日後に出血があれば、避妊に成功したということになります。