ピルのメリットと不正出血について

笑っている女性

海外に比べると日本ではまだまだピルを服用する女性が少ないです。
それはピルの効果作用について知らない方が多いということもあります。
ピルは避妊効果だけではなく、生理前のイライラ感や生理時の出血量・肌荒れなど改善することもできます。

ピルを服用するとさまざまなメリットがあります。
避妊効果がゴムをつけての性交渉より高い、生理痛を緩和できる、生理前に起こるニキビや頭痛などの諸症状を緩和できる、ホルモンバランスを一定に保つことができる、5年以上服用すると卵巣がんのリスクが軽減するなどが主なものです。

一方デメリットといわれているのは、太る、乳がんのリスクが若干上昇するというものです。
しかし最近の研究で乳がんのリスクは気にするほどのものではないということがわかってきました。
むしろピルを服用していると乳がんを気にしてしっかりと癌検診を受ける人が多いので、万が一乳がんが見つかっても命に別状がないケースが多いです。

ピルには低用量と中用量があります。
低用量は避妊や生理痛の緩和を目的に服用するもので、中用量は女性特有の病気の治療のために服用します。
低用量ピルには何種類かあり、ヤーズなどが一般的に広く処方されています。
はじめに処方されるのは違うものでも、体に合わなくてヤーズに切り替える人もたくさんいます。
ヤーズなど、どの種類が良いというわけではなく、体との愛称で選択するのが良いでしょう。

ピルは服用初期に、吐き気、胸の張り、不正出血などの副作用が起こることがあります。
服用を続けていけば改善されますが、あまりにもひどい場合は服用を一度中止して処方してもらった医師に相談しましょう。
また、長期服用していても稀に不正出血が起こることがあります。
その場合は一度中用量ピルを服用して子宮内膜の状態をリセットすると改善することが多いので、その場合も医師と相談して服用を調整しましょう。