ピルを飲み忘れた時の対処法について

色々の薬

低用量ピルであるヤーズは28日で1クールという服用スケジュールで飲むお薬です。毎日1錠ずつ飲むお薬ですが、人間ですから飲み忘れてしまうこともたまにはあるでしょう。

もしもヤーズを飲み忘れてしまったときは、次の3パターンに対処方法が分かれます。

まず、1錠だけ飲み忘れてしまった場合は気づいたときに忘れた分を飲んでください。
当日の分は予定どおりの時間に飲んでいただいて大丈夫です。

2錠以上忘れてしまった場合は、気づいたときに1錠を飲んでください。
当日の分は予定どおりの時間に飲んでください。
なお、この場合は服用終了日が予定より遅れることになります。
例えば2錠忘れてしまったときは、1錠分を飲まないことになるので、終了日は服用開始から29日目になります。忘れたのが3錠の場合は、30日目が終了日です。

最後に、白い錠剤(薬の入っていないプラセボ)を飲み忘れてしまった場合ですが、この場合は、忘れた分はそのままにして廃棄してください。
薬は入っていないわけですから当たり前といえば当たり前ですが、プラセボはあくまで服用を習慣づけるためには入っているものなので気にする必要はありません。

以上が飲み忘れの対応になりますが、ヤーズの治療効果を期待するためには、当然のことながら毎日飲み忘れないことが大切です。
ヤーズは毎日決まった時間に服用することで効果が高まります。自分が一番忘れにくいタイミングを見つけ服用されることをお勧めします。

また、ヤーズのケースにはカレンダーシールがついています。
これをケースに貼り曜日管理をすることで、飲み忘れに早めに気づくこともできます。自分に合った工夫をすることで、飲み忘れをできるだけなくすようにしましょう。

サイト内検索
最近の投稿
アーカイブ